ようこそ

日本マトリクスへ

三ヶ国語(英語、中国語、日本語)による翻訳、通訳、ガイドサービス

詳細

サービス

翻訳

英語/中国語/日本語の翻訳サービスを提供しています。訳者の裁量で必要と判断される場合は、英訳にはアメリカ人又はイギリス人、中訳には中国人(簡体字)、台湾人(繁体字)又は香港人(広東語)翻訳者による確認・校閲作業が付随します。なお、ネイティブスピーカーによる英語・中国語の校正作業のみもお受けしています。お取り扱いしているのは以下の4分野の文書のみです。詳細は、「翻訳分野」「料金」ご参考ください。

1.一般文書 (英/中/日)
2.ビジネス (英/中/日)
3.契約書  (英/日のみ)
4.医薬文書 (英/日のみ)

通訳

英語/中国語/日本語の通訳サービスを提供しています。国際シンポジウム、学会、セミナー、講演、会議、商談、ミーティングにおける高度な通訳に対応しています。以下の形態の通訳を提供しておりますが、分野や内容によってはお引き受けできない場合もあります。2週間〜1ヶ月の長期案件もご相談ください。日本全国、海外にも出張いたします。通訳に関する詳細は、「通訳タイプ」「料金」をご参考ください。

1.同時通訳   (英/日のみ)
2.逐次通訳   (英/日のみ)
3.ウィスパリング(英/中/日)

ガイド(随行通訳)

英語/中国語/日本語の3ヶ国語による通訳付ガイドサービスを提供しています。視察旅行やプライベートツアーを対象とし、出発前のホテル、レストラン、イベントの手配・予約、視察先との連絡、旅行中の一切の通訳が含まれます。1〜2名のプライベートツアーから最大6名のグループまで対応しています。日本国内外に出張いたします。費用に関する詳細は、「ガイド(遂行通訳)」「料金」をご参考ください。ガイド対象者:

1.日本語と中国語話者が混在
2.日本語と英語話者が混在
3.中国語と英語話者が混在
4.日・中・英語話者が混在


日本マトリクス
翻訳・通訳事務所

原 弘之

翻訳・通訳家

イギリスの通訳者養成大学院にて日本語と英語の翻訳・通訳を学び、特に交渉通訳、逐次通訳、同時通訳、会議通訳の専門的訓練を受ける。その後台湾に渡り、中国語を学び、大学院にて中国語と英語の翻訳・通訳を学ぶ。在学中よりフリーランス翻訳・通訳者として15年以上にわたり、特にビジネス・マーケティング分野と医薬分野において実践経験を積む。出版社、製薬会社、金融会社、公的機関(県庁、博物館など)、百貨店、音楽スタジオ、化粧品会社、医師・獣医師等の翻訳・通訳業務に携わる。

屋号の由来

屋号の「マトリクス」(matrix)という言葉は、ラテン語で「母」を意味する"mater"という語に由来する。のちに「生命を生み出す場」としての女性の「子宮」や「母胎」という意味に転じ、現在では「何かを生み出すものや場所」という原義を引き継ぎ、様々な分野で使われている。特に医学分野では、マトリクスは細胞を取り囲む「細胞の生活環境」のことで、体中の細胞、組織、臓器間の連絡やコミュニケーションが「生じる場」である。人間同士が目に見えない電波やインターネット等で瞬時に地球の裏側と連絡し、情報を共有し、気持ちを分かち合えるように、体中の無数の細胞もマトリックスを介しあらゆる情報を瞬時に共有し通じ合っている。翻訳、通訳、ガイドという仕事を通して、1.日本を起点に世界中の人々に必要な情報を伝達し、見えない紐でつなぎ通じ合えるようにしたい、2.単なる単語の置き換えに留まらない思いや気持ちなどの目に見えない何かを伝えることで、人種・言語・国籍の壁を超えお互いに笑顔で話せるような関係を築くお手伝いがしたい、という思いが「日本マトリクス」に込められている。

経歴

2001年 北海道教育大学教育学部英語科
      中学校教員養成課程修了
      香港大学1年間交換留学
      米国ワシントン大学短期留学
2003年 英国バース大学大学院
      日英通訳・翻訳課程修了
      在学中よりフリーランス翻訳・
      通訳業開始。出版社や製薬会社
      の通訳、NHKのBSドキュメンタ
      リーシリーズの字幕翻訳など。
2005年〜2006年
      香港、泓福理財策劃有限公司
      新規事業打ち上げ、企画、
      市場調査、商談、製品開発、
      PR、付随する翻訳・通訳業務
2007年 台湾文藻外語大学華語中心
      中国語中上級コース修了
2011年 台湾国立高雄第一科技大学
      大学院中英翻訳・通訳課程修了
      在学中、中国語翻訳・通訳開始
2016年 台湾国立政治大学大学院
      中国語教育博士課程中退
2018年 日本マトリクス翻訳通訳事務所
      開業


翻訳分野

一般文書

履歴書、留学申請資料(願書、エッセイ、推薦状)、観光・旅行ガイド、パンフレット、ニュースレター、ホームページ、ブログ、書籍、スピーチ原稿など、学術性や専門知識が必要とされない文書

ビジネス文書

企画書、会議録、調査報告書、業務報告書、プレゼン資料、礼状、挨拶状、ビジネスレター・メール、マーケティング・PR文書、会議資料、パンフレット等の企業の社内・社外向け文書全般

契約書

秘密保持契約、国際商品売買契約、販売・代理店契約、合弁事業契約、事業譲渡契約、特許ライセンス契約、雇用契約、ソフトウェア・ライセンス契約、商標ライセンス契約など契約書全般

医薬文書

臨床試験報告書、医学論文、学会発表資料、研究提案書、ポスター発表用資料、研究抄録、学会での英語スピーチ原稿、ケーススタディ、症例報告書、薬事法・薬局方等の医薬品の法規制関連文書


通訳タイプ

同時通訳

国際会議やシンポジウム等の大型のイベントで、通訳者が同時通訳ブースの中でヘッドホンを装着し、同時通訳機器を操作しながら専門性や学術性の高い内容を話し手とほぼ同じスピードで通訳し、会議出席者がイヤフォンから通訳を聞くという高度な通訳形態。通訳者が聞き手(観客)の目に入ることはほとんどない。大規模な講演会やシンポジウム、国際政治や外交が絡むような公式会談で行われることが多い。一般に同時通訳者は会議通訳者とも呼ばれる。

逐次通訳

話し手がある程度話したら(1文〜数文)、通訳するというプロセスを繰り返す形態。交互に話をするため時間はかかるが、より正確な通訳が可能。ただし学術的、専門的な内容が多く、話し手が通訳者の存在を忘れ長時間話し続けることが多く、長い経験と高度なスキルが必要とされる。同時通訳とは異なり、逐次通訳は聞き手の目の前で通訳を行う。研修、商談、会議、ワークショップ、講演会、セミナー、展示会など、逐次通訳の適用範囲は広い。

ウィスパリング

同時通訳と同様に話し手とほぼ同じスピードで通訳を行うが、特定の聞き手の耳元でささやく程度の小声で通訳する形態。少人数の会議や商談、海外講師や専門家を招いた小規模な討論会・研修会などで行われることが多い。同時通訳と比べ少人数を対象とし、学術性・専門性も少なく聞き手との距離も近いため、非常に使い勝手が良い通訳形態である。少人数の食事会もウィスパリングで対応する場合が多い。

ガイド(随行通訳)

随行通訳とは、製造工場視察、企業訪問、技術者の工場実習、視察旅行や表敬訪問、製品の買付や送迎などに同行し通訳を行う形態。そのほか、外国人が病院で診療・治療を受ける際に同行し、患者と医師の間に立ち通訳する場合や(医療通訳)、市役所の手続きや法廷・裁判所に同行し通訳する場合など、外国人の日本での生活全般をサポートするコミュニティー通訳というジャンルでもよく利用される。


ガイド風景


料金

翻訳

100字よりお受けします。
  • 一般文書    25円/字
  • ビジネス文書  25円/字
  • 契約書     45円/字
  • 医薬文書    45円/字
  • ネイティブスピーカーによる校閲
  • 英文校閲    30円/字
  • 中国語校閲   30円/字
  • ●Googleや翻訳ソフト等を使用した訳文や、誤訳数が多く一から翻訳した方が早いと判断されるような場合は、校閲ではなく翻訳扱いとなります。
  • ●校閲は北京語(簡体字、繁体字)と広東語、英語はイギリス・アメリカ英語に対応しています。

通訳

半日(4時間)よりお受けします。
  • 半日(4時間)  30,000円
  • 1日(8時間)  60,000円
  • 延長(1時間)   8,000円
  • 出張日当(東京駅100km以遠の場合、交通・宿泊費ほか、出張日当移動拘束費が発生します。)
  • 宿泊有り:   +10,000円
  • 日帰り:     +5,000円
  • 移動拘束費(業務の無い日の移動・現地拘束時間に対し下記費用を請求させていただきます。)
  • 4時間以下: +半日料金 x50%
  • 4時間以上: +1日料金 x50%

ガイド(随行通訳)

半日(4時間)よりお受けします。
  • 半日(4時間)   24,000円
  • 1日(8時間)   48,000円
  • 延長(1時間)    6,000円
  • 出張日当(東京駅100km以遠の場合、交通・宿泊費ほか、出張日当移動拘束費が発生します。)
  • 宿泊有り:    +10,000円
  • 日帰り:      +5,000円
  • 移動拘束費(業務の無い日の移動・現地拘束時間に対し下記費用を請求させていただきます。)
  • 4時間以下:  +半日料金 x50%
  • 4時間以上:  +1日料金 x50%


inserted by FC2 system